おもちのキッチンカー【おもちや月兎(げっと)】つきたて餅の磯辺焼き専門店のメニュー紹介・実食レポート

スポンサーリンク

北海道のもち米で作る最高の餅料理のキッチンカー「おもちや月兎(げっと)」をご存知ですか? 私は初めて遭遇しました!つきたて餅を香ばしく焼いた磯辺焼きの実食レポ・メニューご紹介! オリジナリティー溢れる磯辺焼きメニューは、一度試してみる価値ありですよ。

スポンサーリンク

キッチンカー おもちや月兎(げっと)

TSUTAYA 美しが丘店に行った時、初めてみるキッチンカーがありました。

「つき?うさぎ?」「いそべやき?」「お餅のキッチンカー?」かわいい兎に引き寄せられるように近づいてみました。私、お餅が大好きなんです。お雑煮、おしるこなど餅を使ったメニューの中でも、特に「磯辺焼き」は大好物!

「今日もつきたてもお餅をご用意してありますよ」と店主に声をかけられて、絶対、食べたいと思いました。

おもちや月兎 メニュー

シンプルないそべやき(300円)の他にも選び抜かれた素材をトッピングしたメニューが魅力的でした。

  • 厳選素材のいそべやき 300円
  • 自家製赤味噌+北海道バター 400円
  • 肉屋の厚切りベーコン+北海道チェダーチーズ+自家製トマトソース 500円
  • 噴火湾産たらこ+北海道バター 500円
  • 濃厚タルタルソース+肉屋の厚切りベーコン 500円
  • ツナマヨ 450円
  • 高菜漬け 400円
  • 八雲町産軟白ネギだれ 450円
  • ひきわり納豆+自家製鶏そぼろ+海苔佃煮 450円
  • 黒蜜ときなこ 400円
  • 北海道産あずきのこしあん 350円
  • 豚汁 300円

テイクアウト用の 手作り生もち1個200円もあります。


店主は、北海道八雲町の出身で、八雲町の「風の子もち」、そして、自ら田植えを行い収穫もするという、剣淵町「はくちょうもち」を毎日12時間以上浸水させて使用し、毎日つきたての餅を用意いているそうです。

トッピングの具材も自家製のものが多く、地元産の素材ににこだわった、どれも北海道の美味しさ満載の魅力的なものばかり・・店主が、自分の故郷の豊かな素材を誇らしげに説明してくれるので、絶対美味しいことが想像でき・・・迷いましたが、噴火湾産たらこ+北海道バターを注文しました。

注文してから餅を焼き、トッピングして、熱々の磯辺焼きを手渡してくれます。

噴火湾産たらこと北海道バターの磯辺焼き 実食レポート

その場で、すぐ食べやすいように紙の容器に入れてあります。スナック感覚で磯辺焼きが食べられるなんて、斬新ですよね。バター醤油の香ばしい香りがします。

平たく楕円の直径10cm位のおもちにたっぷりと、たらこがのせられています。もちに巻かれた海苔も味、風味、歯ざわりを厳選した月替わりの焼き海苔を使用しているそうです。この時は、海苔も八雲町のものだと教えていただきました。

北海道の南、札幌から函館に行く途中にある八雲町は日本で唯一、太平洋と日本海の2つの海を持つそうで、海の幸も豊富、酪農も盛んな町だそうです。

磯辺焼きを焼く時に使う醤油も八雲町のもので、昭和2(1972)年に徳川家からの命を受け、自給自足と地元住民のために味噌、醤油の製造で創業した「服部醸造」の本醸造醤油八雲を使用しているそうです。

お餅は、噛むほどにもち米の旨味と甘味が口に広がり、食べ応えのあるつぶ感が感じられ、家でよく食べる市販品の切り餅に比べると別格の食べ物のようでした。

紙パッケージには「3枚集めて1個ゲット!」のクーポンが付いていました。また、どこかで出会いたいな。

月兎キッチンカー移動販売場所・出店情報

「月兎さんには、どこに行くと会えるんですか?」と聞くと「札幌市を中心にイベントに参加しています。アリオ札幌や千歳のレラにも出店したことがあります。」と、出店情報は、公式インスタグラムでアップしています、とのことでした。

2019年09月にオープンしたばかりで、キッチンカーデビューの時には、HBCテレビ 今日ドキッ!にて密着取材の放送があったそうです。

他にも、HTBテレビイチオシ!や HBCラジオ カーナビラジオ午後一番 、AIRG スパークルスパークラー等で紹介されたことがあるそうで、メディアからの注目がすごいですね。

キッチンかーをオープンする時には、クラウドファンディングに挑戦し、

北海道産のもち米を使用。移動販売で毎日つきたてのお餅を提供!

目標金額 1,300,000円をクリアし、150万円達成されたそうです。たくさんの人の期待や
夢を乗せて運ぶ「おもちや月兎(げっと)」さん、これからもがんばって最高の磯辺焼きを多くの方に届けていただきたいなと思いました。

タイトルとURLをコピーしました