岡山駅前ご当地中華そば【山冨士】に行ってきました!メニュー表あり[岡山市北区]

岡山県の3大名物といえば「えびめし」「デミカツ丼」「岡山ラーメン」。どれも全部食べたいところですが、豚骨醤油で独特の旨味があるという岡山ラーメンを選んで岡山ご当地グルメをいただきました。

岡山ラーメンの特徴

岡山ラーメンは、終戦直後の市街地の屋台が発祥と言われています。主流は、豚骨醤油。最近では、魚介系や塩などの様々なジャンルも揃い、岡山駅を中心とした辺りはラーメン激戦区なんだそうです。

最古参といわれるのは、駅近のラーメン店「浅月本店」。昭和23年に創業し、中細麺の豚骨醤油のスープのラーメンにトンカツがトッピングされている「カツそば」が看板メニュー。

ボリューム満点ですね!! 今回は、「山冨士 本町店」に行ってきました。

中華そば「山冨士本町店」の行列

岡山駅に到着したのが、21時頃。20時頃に閉店しているラーメン屋さんが多い中、深夜2時まで営業している「山冨士」さんへ直行しました。岡山駅東口から徒歩で5分ほどで到着です。

地元の皆さんにも人気のラーメン店なのでしょうね、この行列!! お腹もペコペコで、期待値が上がります↑↑↑

ラーメン・中華そばメニュー

店内はそう大きくなく、席数はテーブル12席とカウンター4席程でした。こじんまりとしていますが、昭和な雰囲気に温かみがあります。

  • 中華そば 650円
  • ネギ中華 750円
  • 天ぷら(ゲソ天)中華 750円
  • チャーシュー中華 800円
  • 月見中華 700円
  • もやし中華 700円
  • わかめ中華 700円
  • おにぎり・いなりずし(1皿2ケ入り) 100円

【各種トッピング】

  • チャーシュー(4枚) 150円
  • ネギ 100円
  • ゲソ天 100円
  • もやし 50円
  • わかめ 50円
  • しな竹(メンマ) 50円
  • 玉子 50円

※各種大盛り 150円増し
※半麺 50円引き
※替え玉 150円

ビール 500円
おつまみにチャーシューやメンマ、ゲソ天を注文することもできます。

私は月見中華を、連れは天ぷら(ゲソ天)中華を注文し、調理場に並んでいた いなり寿しもとても美味しそうに見えたので、一皿注文しました。ちなみに人気のメニューは、ネギ中華だそうですよ。

お持ち帰り出来る「中華そば 650円」というメニューもありましたよ。

月見中華実食レポ

スープを一口いただくと、食べ慣れてる北海道のラーメンとは全く違う感じ。岡山ラーメンの特徴である豚骨醤油の味だそうですが、豚骨ベースに魚介系のダシもブレンドしていて、コクと深みのあるスープに、和風を感じるのは醤油の旨味なのでしょうか。ホッとする味わいでした。

玉子も、北海道ではゆで卵や味付けに卵がのっているのが普通なのに、温泉玉子のようなトロリとした状態で入っているの初めてで、スープと混ざり合うとまろやかになって、それがすごく美味しかったです。

麺は、中細のストレート麺で少し固めでツルツルと喉ごしがよいです。北海道のラーメンは縮れ麺が主なので、食べ慣れてる縮れ麺と比べると岡山のラーメンが「中華そば」と呼ばれるのも納得でした。

天ぷら(ゲソ天)中華実食レポ

ラーメンにカツがのっているのも珍しいと思いましたが、

天ぷらが入っているのも珍しいし、ゲソ天は好きだと連れが注文したラーメンも美味しそうです。天ぷらの衣がスープを吸ってふわふわになり、噛むとスープの旨味とイカの旨味がじゅわっと口の中に広がります。

チャーシューも柔らかで醤油味が染み込んでいて美味しい!

いなりずし実食レポ

小さめのいなりずしが二つ。

酢が効いている感じで、さっぱり甘く、ゴマの風味も美味しくいただきました。

ラーメンといなりずしを食べても、ちょうど腹八分目で、お酒を飲んだ後の〆にもちょうど良いなと感じました。

初めて食べた岡山ラーメン!少ししょっぱ味があり、豚骨というよりは和風っぽくて、どことなく甘みがあり、独特な感じがとても美味しかったです!!

中華そば山冨士 本町店 営業時間・定休日・住所アクセス地図


住所 : 岡山県岡山市北区本町5-13(JR岡山駅から徒歩5分ほど)
TEL : 086-225-6147
駐車場 : 無し(近隣にコインパーキングあり)
営業時間 : 11:30~02:00
定休日 : 水曜

タイトルとURLをコピーしました