【宇宙ガラス】+α(プラスアルファ)実店舗販売イベント開催[福岡 六本松 蔦屋書店]

六本松蔦屋書店に足を運んだ時に「宇宙ガラス」の展示スペースがあり、販売会のお知らせをしていました。一点一点、手づくりのため貴重で、webの抽選販売では倍率が高過ぎてなかなか当たらないという大人気の宇宙ガラスの実物を見て、購入できるチャンス!! 羨ましいです!!!

宇宙ガラスとは?

数年前よりTwitterやInstagramで話題になっていた「宇宙ガラス」、昨今では様々なガラスアーティストが「宇宙ガラス」を製作し、多くの人に親しまれています。

六本松蔦屋書店で展示されていたのは、PlusAlpha戸水賢志氏が製作した作品です。

直径約2センチほどのガラスの中に宇宙をイメージして、実際には見えることはない惑星の軌道を螺旋によって表現することにこだわり製作されている幻想的なガラスアート。

惑星の軌道は、24金やシルバーを組み合わせながら表現され、立体的な螺旋模様が入っています。中央に浮かぶ惑星は人工のオパール。気泡は、星の煌めきのようにみえます。

2000度以上の炎が出るバーナーを使用し、一つ一つがハンドメイドで制作されており、どんな宇宙になるかは出来上がるまでわからないそう・・・同じモノはなく、光の入り方で色や見え方が変わるので、色々な角度から見て美しさを楽しむことができます。

ホワイトオパール・ブラックオパールの惑星

これは、私の宝物の宇宙ガラス。

2016年と2017年に三省堂書店札幌店にて行われた、実店舗販売会に参加できたんですよね!!当時は、宇宙ガラスの実物を見れたこと、購入できた事にも感激でしたし、戸水さんにお会いできて大興奮でした。

2016年札幌宇宙ガラス実店舗販売にて購入できた赤の入ったタイプのホワイトオパールの宇宙ガラス。会場で、戸水さんご本人に「赤色を入れるのは難しくて、数がたくさん作れない」とお話しいただいた記憶があります。

2017年に購入できたクリスタルオパールの入った宇宙ガラス。「クリスタルオパールの作品は、初期の頃に作っていて、今回リクエストが多かったので、札幌会場の為に特別に作った」とお話しされてた記憶があります。

2つも宇宙ガラスを持つことができて贅沢なのに、ブラックオパールの宇宙ガラスも欲しい!という野望がありまして、

今回の福岡 六本松蔦屋書店での販売会が羨ましくて仕方がありません!

 福岡初!宇宙ガラス実店舗販売の購入方法

■開催期間 2019年9/11(水)~9/16(月・祝) 10:00〜20:00

2つの購入方法があります、詳しくはこちらのリンク先をご覧ください。

①抽選販売
宇宙ガラスの中でも人気の高い赤色タイプとオブジェタイプのマーブル多数あり。
9/11(水)~9/13(金)に店頭にてお気に入りの作品に応募し、当選された場合は9/14〜16に来店購入する。

②店頭販売
9/14(土)、9/15(日)、9/16(月・祝)に来店し、作品を直接見て購入できる。また、応募期間(9/11~9/13)にも少量のみ販売あり。

9月12日は「宇宙の日」宇宙ガラス同窓会!

PlusAlphaさんのTwitterアカウントでは、こんな素敵な呼びかけが!

きっと、Twitterのタイムラインでたくさんの宇宙ガラスを見る事ができると思いますので、興味のある方は、ぜひご覧になってみてください。

+α PlusAlpha 宇宙ガラス 作家プロフィール

戸水 賢志(satoshi tomizu)さん
1980年 神奈川県生まれ
2008年5月、耐熱ガラスのアクセサリーと出会い、その道を歩み始める。
 2015年日経デザイン掲載。
J-WAVE アトリエ・ノヴァ Design Award大賞受賞。
2016年 NEWS ZERO、めざましテレビ出演。 その他、イベントへの出展多数。

(出典元:アーティスト PlusAlpha

PlusAlpha ホームページ

六本松蔦屋書店 アクセス・地図・営業時間

住所: 〒810-0044 福岡県福岡市中央区六本松4丁目2−1 421 2F
営業時間 : 7:00〜23:00

タイトルとURLをコピーしました