【SNOWS(スノー)】スノーサンド白と黒を実食口コミレポートと通販購入方法のご紹介[新千歳空港/大丸札幌]

スポンサーリンク

2021年1月に北海道コンフェクトグループより誕生したブランド「SNOWS(スノー)」。11月~4月の期間限定で新千歳空港や大丸札幌などで販売される大人気菓子です。「SNOWS(スノー)」の看板商品であるスノーサンドの白と黒の実食レポートとお取り寄せの購入方法をご紹介します。

スポンサーリンク

なかなか買えない!スノー販売場所と販売期間について

SNOWS(スノー)の常設店はなく、冬季間のみ新千歳空港の4箇所のショップと大丸などのポップアップショップで販売されています。新千歳空港内の4店舗は以下↓↓

ANA FESTA 千歳ロビー店
2023年11月6日~2024年4月30日

JAL PLAZA 新千歳空港出発ロビー店
2023年11月8日~2024年4月28日

スカイショップ小笠原
2023年11月10日~2024年4月26日

スノーショップ 国内線 出発売店
2023年11月10日~2024年4月26日

もし見かけたら即購入することをおすすめします!!

私は、大丸札幌のバレンタインイベント「ショコラプロムナード」で購入することができました。

【SNOWS(スノー)】新千歳空港に冬季限定で登場し即売り切れで買えないスイーツが購入できた![大丸札幌](販売期間〜2月14日まで)

スノーサンドの価格と賞味期限

看板商品の一つ「スノーサンド」にはチョコレートの「黒」とホワイトチョコレートの「白」の2種類があります。購入できたのは黒、白とも5個入 税込972円 。一個当たり約195円ですね。

常温で保存でき、賞味期限は製造日から14日です。

スノーサンドの黒(KURO)実食レポート

スノーサンドの黒はグリーンの空に白い山の箱に一個づつ小分けのパッケージとなっています。直径は約5センチで厚さは1センチほどあり、けっこうボリュームがあります。熱い鉄板で上下から「挟み焼き」するというラングドシャは、他で味わったことのないザクザク食感が特徴的です。

ガリッとかためのラングドシャでサンドされてるのは、とてもなめらかでやわらかなチョコレートで、この組み合わせは新しいかも! 生チョコレートは、より脂肪分が高く濃厚で風味が豊か冬の牛乳にこだわっているというだけあり、ものすごく美味しいです!!一個あたりのカロリーは129 kcalです。

スノーサンド白(SHIRO)実食レポート

スノーサンドの白(SHIRO)は、青い空に白い山の模様の箱です。小分けのパッケージも雪山のイメージですよね。山の版画家の大谷一良さんが手がけるパッケージデザインが、まさに「誰もが心の中に描く冬の情緒」を素晴らしく表現されてますよね!

そもそもホワイトチョコレートが大好きなので、期待が高まります。ミルク感が強く濃厚な甘さが広がります。数あるホワイトチョコレート菓子の中でもトップレベルの美味しさだと思いました。

SNOWS(スノー)の通販・お取り寄せの販売期間

SNOWS(スノー)では、公式オンラインショップで購入することも可能です。オンラインショップで購入できるのは公式LINE登録者限定となるため、まずはLINEのお友だち登録が必須です。

ご購入は公式LINEから→→公式LINE友だち追加QRコード

販売期間は、2023年11⽉1日より2024年3⽉31日までで、毎日AM10時から数量限定でオンラインで販売されています。が、オンライン購入での競争率も高く一瞬で完売するほど人気だそうです。あらかじめ入力できるものは入力しておくのがポイントですね。

関連記事

スノーチップス【SNOWS(スノー)】2024年新作・冬季限定スイーツ実食口コミレポート[新千歳空港/大丸札幌店]

【SNOWS(スノー)】新千歳空港に冬季限定で登場し即売り切れで買えないスイーツが購入できた![大丸札幌]

【SNOWS(スノー)】森ノ木(黒)を実食口コミレポート![新千歳空港/大丸札幌] 

タイトルとURLをコピーしました