【SNOWS(スノー)】新千歳空港に冬季限定で登場し即売り切れで買えないスイーツが購入できた![大丸札幌]

スポンサーリンク

新千歳空港で冬の間だけ販売されるものの大人気で即完売してしまうという「SNOWS(スノー)」のお菓子をご存知ですか?大丸札幌のバレンタインイベント「ショコラプロムナード」で販売されていたので、行列に並んで購入しました。

スポンサーリンク

SNOWS(スノー)とは?

SNOWS(スノー)は、「きのとや」や「千秋庵製菓」などの製菓メーカー6社を束ねる北海道コンフェクトグループが2021年1月にデビューさせたブランドです。11月~4月の冬季限定で登場し、現在、実店舗で買えるのは新千歳空港だけというレアなお菓子はまるで雪のようですね。

「スノー」の特徴は、北海道コンフェクトグループが持つ自社直営の酪農場で放牧された牛の「冬の放牧牛乳だけを使う」という牛乳へのこだわり。脂肪を蓄えた濃厚なミルクを使用するために冬限定販売となっているのだそうです。

新千歳空港の「商品別月間売上ランキング」で1位を獲得するなど話題のスイーツブランド・・・なのですが、恥ずかしながら知りませんでした。大丸札幌のバレンタインイベント ショコラプロムナードで販売されていて「スノーチーズの新しいラインナップかな?」と思い、並んで買えそうだったので購入してみましたが、買えてラッキーでした!

ちなみに大丸札幌店に常設店があるSNOW CHEESE (スノーチーズ)は、スノーとは運営する会社が違いました。→→大丸札幌限定【SNOW CHEESE (スノーチーズ)】どこに何時から並べばいい?行列に並んで買ってみた![北海道スイーツ]

スノーのお菓子の種類

看板商品は、生チョコをラングドシャでサンドしたクッキー「スノーサンド」と、生トリュフチョコレート「スノーボール」。

大丸札幌のポップアップショップでは、他にもクリスピーミルクチョコレート「森ノ木」と今シーズンの新作チョコレートチップス「スノーチップス」が販売されていました。

それ以外にも、バームクーヘン「森ノ幹」、クラッシュアーモンド生チョコレートケーキ「どんぐりぼうし」などのラインナップもあり種類が豊富です。

スノーサンドはどんなお菓子?

スノーサンドは、生ホワイトチョコレートと生チョコレートの2種類がありました。2022〜2023年の冬季間の販売では1日に2万枚以上を売り上げ、320万枚を完売させたそうです。

ラングドシャは一つ一つを手作りで直火で焼き上げています。生チョコレートの白と黒とどちらも食べてみたいですよね!

【SNOWS(スノー)】スノーサンド白と黒を実食口コミレポートと通販購入方法のご紹介[新千歳空港/大丸札幌] 

版画家大谷一良氏のデザインパッケージ

北海道の冬や雪を思い浮かべることができるパッケージデザインもステキです。版画家の大谷一良(おおたに かずよし)氏のデザインで、北海道らしい雰囲気がお土産にも喜ばれそうですよね。

冷凍されていた生トリュフチョコレートスノーボールも購入できました。

スノー販売場所と販売期間

常設店はなく、冬季間のみ新千歳空港内の4カ所で販売されます。

ANA FESTA 千歳ロビー店
2023年11月6日~2024年4月30日

JAL PLAZA 新千歳空港出発ロビー店
2023年11月8日~2024年4月28日

スカイショップ小笠原
2023年11月10日~2024年4月26日

スノーショップ 国内線 出発売店
2023年11月10日~2024年4月26日

バレンタインシーズン(〜2/14まで)には、ジェイアール名古屋タカシマヤ『2024アムール・デュ・ショコラ』と、大丸札幌店 バレンタイン特設会場、大丸東京店と大丸梅田店にてPOP UP STOREが出店されています。さらに、

2024さっぽろ雪まつりに初出店されるそうです!場所は、大通公園4丁目会場STV広場にて
2月4日〜2月11日の雪まつり期間中にショップがオープンし、雪まつり期間限定缶やオリジナルバッグを販売されるそうです。

SNOWS(スノー)公式サイト情報

HP:https://snows-winter.com/
Instagram:@snows_jp
LINE:@snows_jp
X(旧Twitter):@SNOWS_JP

関連記事

【SNOWS(スノー)】スノーサンド白と黒を実食口コミレポートと通販購入方法のご紹介[新千歳空港/大丸札幌] 

【SNOWS(スノー)】森ノ木(黒)を実食口コミレポート![新千歳空港/大丸札幌] 

スノーチップス【SNOWS(スノー)】2024年新作・冬季限定スイーツ実食口コミレポート[新千歳空港/大丸札幌店]

タイトルとURLをコピーしました