福岡で行列ができるカレーの名店【ダメヤ】監修のレトルト「バターチキンカレー」を食べてみた![福岡市薬院]

スポンサーリンク

福岡市中央区薬院に2013年にひっそりオープンするも、口コミで広まり、連日行列ができるという「ダメヤ」。全国からカレー好きが集う名店だそうです。ダメヤ店主が監修したレトルトカレー「職人仕込みのバターチキンカレー」の実食レポート。今まで食べたバターチキンカレーとは一味もふた味も違いました!

スポンサーリンク

カレーの名店「ダメヤ」のルールとは?

福岡で、行列ができるカレー店「ダメヤ」。店名の「ダメヤ」は、店主が「多分、ダメだろう」と思ってつけたそうです。しかしながら、味の良さが口コミで徐々に広がり、毎日行列ができる大人気店となったそう。

ダメヤには、カレーに対する店主のこだわりから、店内でのルールがいくつかあるそうです。

まず、店内やメニューの撮影は禁止。ただし、カレーのみ冷めないうちに撮影はOK。

毎日のメニューと営業時間はダメヤのホームページに随時更新されていますので、来店の時には要チェックです。ダメヤ カレー店 営業情報 :マイクロブリュー スパイス ダメヤ

「ダメヤ 薬院店」は、毎日1種類、日替わりカレーのみを提供しているそうですが、「ダメヤ野芥 店」は様々なメニューがあるようです。

注文は水が運ばれてから、店員の方から注文を聞かれるまで待たなければいけません。帰り際のお会計もお金を用意してから、お願いするそうです。

「ダメヤ」のレトルトカレー

私は最近、カレーの中でも「バターチキンカレー」が大好き。自分では作るのが難しいので、レトルトカレーをよく食べています。じつは、ダメヤのことはよく知らなかったのですが、

「職人仕込みのバターチキンカレー」のパッケージに惹かれ、購入してみました。950円と高級レトルトカレーでしたが、行列に並ぶことを考えるとお得感があるかもしれません。

店舗でも、特製チキンカレー 900円(無化調の。違いのわかる方向けチキンカレー)のメニューがあるようですが、レトルトは『何度でも食べたいおうちスタイルカレー』。贅沢な味わいだけど、毎日のご飯にも合うような・・・お店とはひと味違うカレーにこだわり作られたようです。

ダメヤ監修 「職人仕込みのバターチキンカレー」
原材料:鶏肉(国産)、鶏出汁、トマト、サラダ油、バター、ヨーグルト、カシューナッツ、生クリーム、にんにく、しょうが、はちみつ、香辛料、レモン果汁、砂糖、塩、鰹節、(一部に鶏肉・乳成分を含む)

保存料・着色料・化学調味料 無添加

内容量:180g
熱量:448kcal
販売価格:880円(税抜)

2019年4月から発売されたそうで、取り扱いのショップは、
JR博多駅内「博多銘品蔵」
キャナルシティ博多「ザ博多ギフトショップ」
博多阪急百貨店地下
六本松蔦屋書店
百道浜TNC会館内「逸品百彩 ももち浜」
ボンラパス薬院店
小倉エキナカひまわりプラザ3階「井筒屋 小倉駅店」

キヨトクのHPから通販で買うこともできます。

ダメヤ監修 「職人仕込みのバターチキンカレー」実食レポート

お店の製法にこだわりスパイスはダメヤ店主自らが調配合。国産鶏肉を使用し、丁寧に鶏のスープをとり、素材からこだわったバターと生クリームがたっぷり使われているそうです。

パッケージ写真のように、プチトマトをピーマンの素揚げ、半熟卵のトッピングが推奨されていましたが、温めてご飯にかけただけでも、スパイスのよい香りが広がり食欲をそそります。

大きめの鶏肉がゴロゴロと入っているので、シンプルでも食べ応えがありました。

ルーはシャバシャバ系で、スパイスと鶏出汁の風味が豊かです。甘味は少なくお米にぴったりな味わいでした。

通常のレトルトカレーでは考えられないような手間暇をかけたというだけある、さすがの一品だと思いました。

ダメヤ薬院店(孤食のグルメ推奨店)場所・アクセス・マップ

おひとりさまが入りやすい孤食のグルメ推奨店
お1人様カウンターのみ。お2人様向けの席。
住所:福岡市中央区薬院3-7-30
アクセス:とどろき酒店さんの右側通路の奥、つどいさんの隣。

Strictly Curry Shop 特製化理医専門ダメヤ薬院店カリン舎
Not Spice Curry Shop カレーが主役の店

ダメヤ野芥店 場所・アクセス・マップ

住所:福岡市早良区野芥6-4-36
一九ラーメンさん斜め前
カウンター6席

特製カレー専門ダメヤ特殊化理医店 ノークスタウン野芥店
Not Spice Curry Shop

タイトルとURLをコピーしました