レモン牛乳の味は?まずい?!ケンミンショーで話題になった【関東・栃木レモン】飲んでみた[栃木県・栃木乳業株式会社]

スポンサーリンク

「レモン牛乳」という飲み物が栃木のソウルドリンクとして、「カミングアウトバラエティ!秘密のケンミンSHOW」で紹介されていたのを見てから、栃木には不思議で魅力的な飲み物があるな、飲んでみたいなと、ずっと気になっていました。先日、イオン北海道の関東フェアで念願のレモン牛乳を購入できたので、実飲レポートです。

スポンサーリンク

通称「レモン牛乳」関東・栃木レモン

栃木乳業が製造する正式名「関東・栃木レモン」(通称:レモン牛乳)は、無脂肪牛乳や生乳にレモンフレーバーと甘味を加えた飲料。レモン牛乳というのは俗称なんですね。

昭和の戦後間もなく、宇都宮市の「関東牛乳株式会社」が「関東レモン牛乳」の名称で発売し、甘いものが貴重な時代、特別な日に給食に出される贅沢品として、栃木の懐かしい味として長く愛され続けていたのですが、製造元が廃業してしまい2004年に製造が中止されてしまいました。その後、「栃木乳業株式会社」が製造を正式に継承し、2005年に「関東・栃木レモン」の名で復活したそうです。復活するなんて、栃木県民のソウルドリンクだからこそなんでしょうね!

ちなみに栃木県内では、宇都宮市の「針谷乳業株式会社」が製造しているもう一つのレモン牛乳「針谷おいしいレモン」があり、こちらは取り扱い量が少なく、宇都宮市内のごく一部でしか入手できないものだそうです。

栃木県内2つの乳製品メーカーが製造する「レモン牛乳」ですが、レモンと牛乳の組み合わせが珍しく、どんな味が気になっていました。

普段、北海道での販売はされていないので、先日、イオン北海道の関東フェアで売っているのをたまたま見かけた時には、即買いしました。

レモン牛乳どんな味?

パッケージの広告欄には、

「ミルクのまろやかさに加えてほんのりと甘さがあり、それはなんだか無性に懐かしい初めて飲んでも、そう感じてしまう不思議な魅力があります。」と書かれています。レモンと聞くと酸っぱい味を想像して、ドキドキしてしまいますが

原材料にレモンの記載はありません。無果汁なんですね。

コップに注ぐと、可愛らしい黄色でした。この黄色から「レモン」と名付けられたのでしょうか?黄色と言えば「バナナ」ではなく、なぜ「レモン」だったのでしょう?

それはさておき、一口飲んでみると・・・・美味しいーーー!!! 私が、子どもの頃に大好きだった「レモンケーキ」を飲んでるみたい?! 懐かしーーー!!!と、衝撃でした。

マーマレードのような柑橘系の味を想像していたのですが、レモンチョコのような、まろやかな味でした。私は、大好きな味でした。

レモン牛乳コラボグッズ・シリーズ商品

レモン牛乳はシリーズ商品があり、今までに食べ物から化粧品まで、様々なラインナップで展開し、40種類以上のコラボグッズも販売しているそうです。

レモン牛乳アイス(カップ&ソフト)、レモン牛乳パン、レモン牛乳まんじゅう、レモン牛乳ケーキ、レモン牛乳キャラメルなどなど、

レモン牛乳カレーもあるんですね! 気になります!!

栃木県外でレモン牛乳をどこで買えるの?通販は?

栃木乳業株式会社の公式ホームページでも、栃木乳業ギフトシリーズとしてギフト販売通販の取り扱いがありました。

他には、Amazonでも検索すると、レモン牛乳、乳飲料の取り扱いがヒットするようです。

関東のローソンやスーパーで販売されてるレモン牛乳ケーキが評判のようですが、やはり、関東圏、栃木県内でのみの商品が気になります。
乳液などの化粧品やストラップなどのグッズもあるようなので、栃木のお土産としてもいいですよね。

「栃木県」と言えば、宇都宮ブレックス!日光東照宮、あしかがフラワーパークに日光江戸村、足尾銅山、那須の温泉、宇都宮の餃子、そして「レモン牛乳」を求めて・・・いつか行ってみたいです。

タイトルとURLをコピーしました