【liko to go.(リコトゥゴー)】東川町人気カフェのブランデケイク実食レポート[北海道スイーツ]

スポンサーリンク


北海道の中心部、上川郡東川町に行ってきました。東川町は、魅力的なショップやカフェなどが立ち並び注目を集めているエリアです。行きたいカフェをリストアップしてたのですが、残念ながら行きそびれてしまったliko to go.(リコトゥゴー)のスイーツが江別蔦屋書店にて、期間限定販売されているのを発見!!「ブランデケイク」の実食レポートです。

スポンサーリンク

「EXILE TRIBE 男旅」でも紹介された東川町とは

北海道のほぼ中央に位置し大雪山の美しい自然と田園風景が広がる東川町は、「写真の町」宣言(1985年)、「写真文化首都」宣言(2014年)をし、写真を通じたまちづくりを積極的にしています。大雪山の雪解け水が地下水となり麓の町で豊富に利用できるため、北海道唯一で上水道が無い町としても有名です。近年では、移住者がカフェや雑貨店などをオープンさせ、おしゃれな人たちから注目を集め、観光者も増えているそうです。

EXILE TRIBE のメンバー(SHOKICHI、青柳翔、SWAY、八木将康、KEISEI)が故郷・北海道の魅力を体を張って伝える人気番組「EXILE TRIBE 男旅」(UHB北海道文化放送で土曜17時より放送)でも「北海道大雪山スペシャル」にて、この地を訪れたことがありましたね。

カフェ liko to go.(リコトゥゴー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

こんにちは。 道草館さんにどら焼き、ブランデーケーキ納品しました! また、いちごシロップのソフトクリームもご好評頂いてます🍦🍓 ・ せんとぴゅあ1のギャラリーでは、イラストレーターでキャスターの手塚越子さんの @etsuko_tezuka まるごと北海道展が開催されています! ・ 私もイラストも!☺️ 素敵に描いてくださり、感激です😭 ・ 北海道の各地を取材され、手塚さんの素敵なイラストや紹介で、行きたくなります! ぜひ、東川へお越しの際はギャラリーものぞいて見てくださいね✨ ・ 昨日は旭岳温泉、今日も町内のどこかに宿泊予定🎄⛺🚙 仕事もしながら町内から全く出ずに充実の週末を過ごせそうです☺️ 皆さまも良い週末を✨ #せんとぴゅあ #ギャラリー #まるごと北海道展 #手塚越子さん #東川町 #liko #道草館 #コラボソフトクリーム発売中 🍓🍦✨

liko-cafe(@liko_organic_cafe)がシェアした投稿 –


liko to go.(リコ・トゥゴー)は、世界中を旅して暮らした家族が東川町に移住して開業したliko organic cafe(リコ・ オーガニックカフェ)の姉妹店。2店舗目となるliko to go.(リコトゥゴー)は、東川町東町の街中にオープンして人気沸騰中です。

ハンバーガーと天然たい焼きをテイクアウトしたいと思っていたのですが、行列ができていたのと営業時間も短縮されていて時間に限りもあったので、泣く泣く購入を断念。

チラリとのぞいた店内は、おしゃれな日常雑貨やアクセサリーなども並び、オーナーのセンスの良さを感じる素敵な雰囲気でした。

東川町もとっても良い雰囲気で、また必ず訪れてあちこち散策し、liko to go.のハンバーガーも天然たい焼きもどら焼きもスムージーもアイスバーも食べるんだ!と心に決めて帰路に着きました。

liko to go.のスイーツ「ブランデケイク」が江別蔦屋書店で期間限定販売中

さて、地元に戻ってびっくり! 行きそびれ心残りに思っていたliko to go.(リコトゥゴー)が江別蔦屋書店に来ていました!

この「ブランデケイク」は・・・・


東川町のせんとぴゅあ1のギャラリーで開催されていたイラストレーター手塚越子さんの「まるごと!北海道展」の展示作品の中で、東川町の美味しいモノの一つとして越子さんのイラスト(左上)にあったもの!北海道各地を旅して美味しいものをたくさん食べてる手塚越子さんが「また、食べたいな〜」と言うくらいだから、絶対美味しいはず!!ちょっと興奮して、即買いしました。

「ブランデケイク」実食レポート

江別蔦屋書店にて取り扱っていたのは、ブランデケイクの「フルサイズ」「ハーフサイズ」「一切れサイズ」の3種類。

高級ブランデーに漬け込んだケーキということで、まずは食べきれそうな一切れサイズを購入してみました。オーガニックにこだわるlikoでは、小麦粉にもこだわり北海道産有機きたほなみを使用し、卵やバターもたっぷり使い焼き上げています。

しっとりやわらかな生地にブランデーがほのかに香ります。美味しい!どことなく懐かしく食べやすいのは、てんさい糖を使われてるからかもしれません。一切れサイズはあっという間に食べ終わってしまいました・・・ハーフサイズにすればよかった、いやいやフルサイズでも食べ切れたかも。

冷蔵保存で消費期限が45日もあり、日が経つに連れ、熟成されていくブランデーの味の変化を楽しめるそうなので、また江別蔦屋書店に行って、今度はfullサイズのブランデケイクを買いたいです。

liko to go.(リコトゥゴー)場所・住所・アクセス

住所 071-1423 東川町東町1丁目1-1 駐車場 あり(2台程度)
電話番号 0166-85-6336
ホームページ
Facebook
Instagram
定休日 火曜日
営業時間 11:30〜17:00
座席数 10席

江別蔦屋書店地図・住所・アクセス

住所 〒067-0005 北海道江別市牧場町14番地1
電話番号 011-375-6688

タイトルとURLをコピーしました